株式会社スカラベ   阿部の日記
 
メニューに戻る
   Diary 2003. 1
 
1月6日 (月)  おめでとうございます

 本年、スカラベは商店から企業へ生まれ変わります。「宙石」を中心に自然治癒力を高める商品と環境浄化装置GTクリーンをより多くの方に使用していただけるよう営業に力をいれます。今まで蓄積してきた「宙石」のデータ、分析、臨床効果をきちんと纏めお伝えできるようにします。社員一同、すごく張り切っておりますので、ご指導、ご支援方よろしくお願いします。
皆様のご健康をお祈りいたします.    合掌



1月16日 (木)  炎症を防ぎ、治す−宙石

 オイコス宙石シートで捻挫(ねんざ)が治りました。
1月10日、駅階段を駆け下りているとき、足首が「ゴキィ」と裏返りました。20年ほど前にもやった事があり、足首からこうにかけて腫れあがり,湿布をしても痛くて、3日程歩けずにいた記憶が甦りました。同時に、シートを試す良いチャンスだと思いました。
すぐにシートを巻き、気功ポーチを当てると押し寄せる痛みと腫れあがり感が引き、治りかけの疼き感に変わりました。次の11日は用心して下駄で過ごしましたが12日からはシートを巻いたまま靴に戻しました。歩き始めはちょっと痛みを感じましたが、すぐに止まり、歩きこんでも疼かず、かえって楽になります。どうやら、ただ巻くより接触面が擦(こす)れた方が治癒効果が高いです。
トラブルのある患部に白血球が集結しなくても、それと同じ自然治癒力が働くようです。「炎症を平らげる」役割を担う宙石をお試しください。


1月17日 (金)  「農」でワークシェアリング

 渋谷の洒落たレストランがガラガラ空きだった。きっと思いをかけ、金をかけ時間をかけて作り上げ、食器食材シェフを待機してお客を待っているのだろうにに「来ない」。いまレストランは過剰なほどあるから、その中で競争し勝ち残るなどと決心したら「闇雲」の努力が必要だ。「美味しく体に良い食事をだして喜んでもらう」ことからほど遠い作業で消耗する人が多いのではなかろうか?ともかく大変そうだ。大手外食チェーンは大量直接仕入れで店舗も食材も人手もコストをさげ「本当は美味しくない」けど「ちょこっと見た目、口当たり良さげ」な「商品」を撒き散らしている。ヘタリ切るほど懸命に頑張る従業員とマニュアル仕込みの挨拶に乗せて。
「食」は宙吊り状態にある。食べさせたい「食」と食べてはけない「食」
の間で、企業は、競争に勝つために売れるものを目指す。企業化された「食」は儲かる方向へ進むのが本業だ。生命が必要としている食と似て非なる「食もどき」へ向かっていってしまう。生命は、自然のリズムにそった、もっと美味くて温かい、体に馴染み、安心感を覚えるリズムの「食環境」求めている。
それをもっと楽に楽しみながらできる方法を考えてみよう。!
気候、政情、地形に恵まれなくて、食えない国、民族がたくさんいるのに日本は総てに恵まれている。家庭菜園を作ろうとすればできる環境にある。農家は今でもやっているし、昭和30年代までは都内でも庭に自家用畑を持っていた。生命の元の食を企業にだけゆだねるのはおかしいし危険だ。自分達の手で作ってみよう。---やれる人から。
人はサラリーマンや職人だけやるのではなく「楽農」を兼ねることが良い事だと思う。 
法隆寺の職人たちは仕事の無いときは野良仕事をしていたそうだ。兼業職人だ。地方都市では自家用菜園を持っている家は多い。われわれも、これを見習った方が良い。仕事のある無しで振りまわされっぱなしでは無く、自然とも共に生きる在りかただ。今風に言えばワークシェアリングと言ったところだ。会社からの給料が減っても、食い物の一部を自分達でまかなえれば、すごく自信がつくし、商業主義に振り回される事と違う充実した暮らしも持てる。国土の7%の田圃のうち38%の96万khaが休耕田だそうだ。それの一部を活用すれば「食」も「暮らし」も豊かになるはずだ。そのうち農地を無駄に遊ばさず、誰にでも、やりたい人にやらしてくれるようになるだろう。
レストランでも日頃は食材を作り、予約がはいった時のみ店を開けるこころがあっても良いのではと思う。
思えば
昨年亡くなった藤本敏夫さんともこんな話をしていた。彼の「農的幸福論」が出版されている。とても解りやすいので一読下さい。


1月27日 (月)  「アトピー性皮膚炎」

 アトピー治療をステロイドや抗炎症剤でやっても、一時的にカユミ、痛みを押さえ込めるが、次第に悪化していくことが多い。対症療法では原因によっては病状を悪化することがある。
アメリカの医学会でさえ「風邪の熱は体が治そうとして発熱してるのだから解熱剤で無理に下げないで、じっと休んで栄養をつけた方が良い。抗生物質では治らない」と発表している。アトピーは皮膚に出た症状であって,原因は別にあるのが大半だ。心身全体からのシグナルだろう。

先日、アトピーが腕,手、首、にある25歳の女性が父親とお二人で来られた。今まできた方と共通する代表的な体調だったので報告します。

@肩首のこりとのぼせ。ふくらはぎのパンパンのこり。
A便秘(3〜6日に一回)小便も少ない、下腹が張る。
B冷え(手足はいつも冷たい)。
Cシャワー入浴。
D飲みものはコーヒー、清涼飲料など嗜好品
E食べ物は添加物,防腐剤、アミノ酸入りのコンビニエンス。
F眠りが浅い。
G新陳代謝が悪い。
H疲れ易い。
以上
化粧もしてちゃんとした娘さんなのでちょと見では何もなさそうなのに「実に疲れてるなー」「結構辛いだろうな」と感じました。
でもまだ味覚も触覚もしっかりしているので3ヶ月ほどで大幅に改善できます。アトピー治癒に貢献できるスカラベ商品は以下の通りです。

@宙石水を生水で1,5Lから2L/日、飲む。
 なるべくゆっくり美味しく味わい飲む。身体の2/3の水が活性化す
 る。塩素や有害物質を除去した水になります。100兆個と言われる 腸内微生物叢が健全化し便秘が改善します。宙石からは必須微量ミネ ラルが溶出します。

A宙石浴用パウダーを溶いた38〜39度の浴槽に20〜40分ゆっく り入浴をします。
 ストレスで冷えた肝腎など臓腑を温めて自然治癒力が高まります。ひ たいに汗が出たら、同時に体中から汗と共に体毒が出ています。(体 内水は40分程度で一周する)(シャワーや熱い風呂は体表を温める が臓腑は逆に冷やす)。炎症をよぶ有害菌の増殖を防ぎながら宙石微 粉末が不要な角質を取り去り保湿機能を高めます。肌への刺激感が強 い塩素を除去する事で皮膚を傷めません。遠赤効果で肩こり,腰痛な どを和らげ湯冷めせず、眠りが深くなります。残リ湯で洗濯をすると 下着などの肌ざわりがふっくらとやさしくなります。

B宙水を吹きかける
 肌への浸透性にすぐれている天然水ベースの宙水は、副作用が無くか つ他の原因からくる副作用も減らします。表皮細胞、皮脂細胞、角質 の室湿力が高まり有害菌に犯されずらい皮膚環境になります。また日 焼け雪焼け時に繰り返しかけると炎症が防げ皮が剥けるようなことに はな りません。大気に触れられないほどひどい炎症でない限り、眼 や痔にまで利用できます。

Cオリーブ石鹸、宙石基礎化粧品,宙石シャンプーを使う
 ごしごし洗って皮膚の保護膜(角質)を落としたり、油脂をすりこん
 で皮膚呼吸や汗腺を塞いだりしてはいけません。それぞれ宙石商品は 肌を大気の汚れから守り、体の余分なものの排出を妨げない効果があ ります。

D宙石シート、宙石水枕で心身を休める
 日中動きずめの眼や筋肉や脳達。特に脳や眼は他の臓器より熱っぽい
 状態なのでが、「頭寒効果」の宙石水枕は,余分な熱を取り休ませてく れます。ただ冷やすのではなく、宙石の遠赤とK40の微量エネルギ ーは直接脳細胞を気持ち良い「ゆらぎ」に導きます。シートは電気布、 あんかのように必要以上に、体を温めず、和らぎの「足熱効果」で全身 をほぐしてくれます。24時間動きどうしの内臓がスムースに休眠の リズムに入る事で明日のエネルギーを再生します。

E気功ポーチ、宙石包帯
 局部の炎症や冷えを改善することができます。「枇杷の葉療法」「温灸」 「湿布」と同じ効果を手軽にでき、人手を借りずにも実施可能だし、  しかも何度も繰り返し使えるので便利です。

F米,塩,酢、珪藻土を削って作った七輪、肉も美味しくいためられる大皿など 
 食は最も大切です。愛情をもって育てられた野菜とただ売るために作 った野菜とは、味もエネルギーも日保ちも大きく違います。一生懸命 育った野菜や魚は人を元気にします。スカラベで扱っている米は落葉 樹林から涌き出る良い水で育ったコシヒカリの玄米と7分つき。ミネ ラルたっぷりの海塩です。
 良い食材(力ある生命)をできるだけ丸ごと(総て)、「生命をあり がとう」と感じ食することは礼儀であり仁義です。
 「医食同源」
 良い食を求めることは健康の基礎作りです。

健康を祈ります



1月31日 (金)  ドライアイと宙石グッズ

 青年の30〜40%が「ドライアイ」を患っていると言う。⇒眼が重い 疲れる 痛い・朝すっきり眼が開けられない・傷つきやすい・熱っぽい・感染症にかかりやすい人が、すごく多いのに驚いた。眼に、酸素 栄養分 水分を与えてくれる「涙」が少ないと眼の汚れも流せず、傷つき、炎症をおこす。
主にパソコン、ゲーム、テレビ、受験勉強、不眠がもたらすのだろう。
医療ではヒアルロン酸入りの点眼液や鼻に通ずる涙腺に栓(ふた)をするそうだ。そして、「ともかく眼を休ませろ」とあります。
そこで⇒
休ませる時に、「気功ポーチ」を使ったらすごく気持ちが良い。顔を少し上げて、「気功ポーチ」を常温のままで目に当てあて、両手で軽く押さえて30〜120秒で、とっても安まります。
また「宙水」を顔、頭にかけたり、ちょと離して直接噴霧点眼(数回)すると楽になります。目薬よりずっと楽ですからお試しください。
当社内のO氏は寝るときに「宙石包帯」をまいて寝ると朝眼も頭もすっきりするとマジで奨めています。外から見ると、ちょっと無気味な姿ですが確かに理にかなっています。
視は五感の中で一番影響力のある認識機能です。とても大事な器官なので、普段から労わりたいと思います。


2003/1
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月