株式会社スカラベ   阿部の日記
 
メニューに戻る
   Diary 2003. 7
 
7月7日 (月)  長野県望月町

 久保田先生にお誘いいただき長野県望月町に行きました。33年ぶりに会うと言う(共に勤めた)静岡大学の先生から自給自足の有機農業者になった東北大学理学博士・大木昭八郎氏のところに同行させていただいた次第です。
大木さんはかつて病に倒れ、加療中髪が抜けたりどんどん悪化してくるのは近代医学の副作用だと思い自然の中で自身の体を治そうとご家族で移住されたそうです。食と健康を自身をもって訴求され、昨年までは長野県有機農業研究会の会長もされ、食事時は100回咀嚼(かむ)で心身ともにきわめて健康になると説いておられます。
望月町は、大きな緑に囲まれた山間農地で「とてもいい環境」に思えたのですが
(大木さんの畑は草が同居していますが)一面に広がるキャベツ畑には草はもちろんチョウチョも見当たらず重い不気味な静けさです。近ずくと喉がいがらっぽくなりました。自然農の実践者川口由一さんが「近代農業」で体を壊して自然農に切り替えたと言っておられたのを思い出しました。すぐれた大木さんをしても「なを異端」のままであり、まわりは『農薬漬け』でした。
先の東京農大での園芸福祉シンポジュウムで「楽農」を本当に楽しそうに実践している川崎の三浦さん、清水の平岡さんがいきいき元気なのに比べると孤軍奮闘・大変そうに感じました。
すごく頑張っておられる大木さんがもっともっと輝く「大木ワールド」ができたらいいなとお祈りします。


7月10日 (木)  デモ販

 7月19〜21日26〜27日に池袋ロフトでデモ販をさせてもらうことになった。ナチュラルハウス各店、池袋ナチュラボ、三店のハックシティさんに続くものだ。本当はお世話になっているので引き続きやりたい。やらせていただけるお店に当てにされるようになって一人前だ。
各店で共通している事は店員さんが宙石ファンになってくれていることだ。ありがたい。
来店するお客さんの目を一瞬で引き、気を留め買っていただくための策も構築したい。宙石商品への思いはたくさんある。
デモ販を「させてもらえて嬉しい」から「売りあげて喜ばれて嬉しい」にステップアップしたい。
変な薬を飲むより自然治癒力を高める宙石雑貨を使えばかなり健康になることを知ってもらいたい。なぜなら、自身の力で治癒することが主たる力であって薬が治すのではない。
生命のめぐりには「良い水・良い食・良い休眠」があれば充分であり宙石さえも不要な暮らしが本当は良い。
有機野菜・浄水器・空気清浄機がじわりと売れている。宙石もちゃんと売らなきゃ申し訳ない。


7月22日 (火)  池袋ロフトデモ販

 ロフト池袋デモ販をやらしてもらいました。販売のプロを目指しての一日研修を経て、ユニホームやディスプレイも指導を受けての本格的なスタートに立ち3日間面白かったです。誰が買っていただける御客さんなのかどうアプローチをしたら良いのか―迷いながらの3日間でした。
今のところこうかなと感じたのは
「生命の故郷海が二億年かけて造ったヒーリングエネルギーいっぱいの宙石健康グッズを体験下さい」「気持ちよいヒンヤリ感が眠りを誘い朝までぐっすり眠れる今までにない水枕です。体験コーナーでお試し下さい」「目の奥の疲れが驚くほど楽になる気功ポーチをお試し下さい」「足のムクミ肩こりが巻くだけで取れる和らぎ包帯です」−−−−など声のメッセージを「本日は池袋西武ロフト館健康雑貨コーナーにお越しいただき有難うございます。19日より3日間―――」に乗せてご案内する。通られるお客様・周りの店員さんたち・自分自身に呼びかける。
次に興味を持っていただいた方にあったモノを体験していただく。その場で買っていただきたいが説明を聞いていただくだけでも有り難いと感謝する。人だかりがあるだけでも回りは気にかけてくれるので良い影響がある。
お客さまが引けて暇な時は他の商品を見て歩き何が売れているかを店員さんに教えてもらう。徐々に「宙石」を知ってもらいファンになってもらえるようアピールする。
ともかく大切なのは「めげない」ことだと思いました。
今回ロフトの次長さんに枕を買っていただきました。また次長さんの評価次第で館長さんにも買っていただけます。
まだ先は見えませんが折角のチャンスです。引きつずき実施していきます。そして今までお世話になったナチュラボさんハックシティさんナチュラルハウスさんに恩返しをできるようにと願っています。


2003/7
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月