株式会社スカラベ   阿部の日記
 
メニューに戻る
   Diary 2009. 10
 
10月9日 (金)  世界が変わる。日本が変わる。

(ソ連崩壊後)アメリカ一極支配体制にあった世界は、傲慢無謀なイラク、アフガンの軍事行動と、実社会を足蹴にする虚の金融工学が作った、サブプライムでの崩壊で終わり、
2009年、多数の国で構成されるG20に、世界調整機能が移ってきた。

わが国も、戦後の急激な「経済成長」下でのバラマキ利権政治が、終わろうとしている。官僚機構・与党・経団連の連携が、国家国民の為よりもわが身の私利優先に変質した不快な潮流が、根底から崩壊しつつある。
「小沢一郎G」・・畏るべし。「鳩山由紀夫G」・・素晴らしい仕事をしている。
寺島実郎・加藤秀樹など私利私欲を感じさせないブレーン。自分の心と頭で考え抜き、自分の言葉で語れる原口、長妻、前原各大臣。
本当に、気持が良い!



10月10日 (土)  第7回園芸福祉普及協会全国大会INえどがわ

東京、江戸川区の全面的な支援で7・8・9日に開催された。

進士会長は冒頭のあいさつで、

日本経済成長に突き進んだ「自己中心・一極集中の都市化」が、見直されてくる。

世界は「共生=ともいき」を考え始めている
1自然・生き物との共生 2環境との共生  3地域との共生 の大切さが分かり初めている。

園芸福祉は、それぞれの個性を尊重しあい、ともに生きる道を歩み出そうとする「環境福祉」の運動体だ・・・と結んだ


この大局的で真っ当な視座が、このNPOを4000人規模まで成長させたと感じます。

「共生社会」実現のためには、大きな心と、幾億万の献身的で過激な行動が必要です。その芽がこの組織にはあります!

もちろん、今後の成長は、次代のリーダーたちにありますが、たとえリーダーがダメで不足な奴でも・・まともな心があり・・・
今回の発表者たちの、すばらしい「現場活動の努力の総和があれば大丈夫」・・だと感じました。自己修復可能です!

僕が園芸福祉活動で考えていたこと、感じていたことをはるかに超えた、圧倒的な質と量の運動が各地で実行されています!  すごい! とても及びません!脱帽!です 嬉しいです!励まされます!

その基盤を作り上げてくれた「進士五十八」と「大野新司」に、改めて感謝です!!


2009/10
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月