株式会社スカラベ   阿部の日記
 
メニューに戻る
   Diary 2010. 3
 
3月16日 (火)  眼をあげて、手足を動かして、心に応えてみたい

閉塞感が覆っている!
―「諸規程」と「マニュアル」支配―

大歩危小歩危という徳島の辺境地があった。今は道路が改善され人気の観光地になっている。
呼び名の由来は、吉野川の岩場で、狭いところでは小さく歩み、大きな岩場では大きく歩まないと危ないぞとのことを、愛称にしたものだ。
わかりやすくて納得しやすい格言だ。目も、心も、頭にもすっと入ってくる言葉だ。
それに比べて、現代社会の規程群とマニュアル群は、頭から入れけど目も心も萎縮してしまうものだ。

先日、写真評論家福島辰夫さんから、写真家ロベール・ドアノーの言葉を聞いた。
「もし伝書鳩が、地図を読めるようになったら、方向感覚を失うだろう」

先日、吉本隆明がNHKで糸井重里と出てた番組で下記のように言っていた(やや不確実ですが)
「万葉集のような詩は現代ではでてこない。現代社会ではストレートに、恋や愛や自然の風情に添って生きていけない。体験や気づかいが多岐にわたりうすまっちゃうから万葉のような力強い大きな表現は生まれない。」

唐十郎は、昔、紅テント芝居の中で、独眼になった柳生十兵衛に言わせていました。
「剣の道を究めよ!と私を独眼にまでした柳生石舟斎よ!あなたは死ぬ間際、なんで《てけれっつ!のパァー!》と言って死んだんだ! 剣の道とはそんなものだったのか!?私の片眼をかえせ!」と権威権力を揶揄しました。

「規則・規程・順守・第一主義」「清潔・正義第一主義」
それにすがって生きてる「真面目人間?」
身体の中に心を閉じ込めて生きる誠実なヒト
この閉塞感が人生を萎縮させ、人間を壊す。

「ナンバーワンよりオンリーワン」を讃える者たちよ。
障壁の外にも絆を求めよ!障壁を壊せ!下からくぐったり上から越えたりして障壁をなくそう!
障壁のどちらにいても怖いのは同じなんだ!
五感六感心身を感じて生きよう!
少しぐらい間違ったっていいじゃないか
萎縮して死んで行くよりいいじゃないのか
目をあげて手足を動かして、心に応えてみたいと思う


3月26日 (金)  3月26日は旧暦2月11日

あと10日で節気「清明」です=春真っ盛りに入り天空清く晴れ渡り、万物生き生きとし、草取りが始まる・・・とあります。
温暖化と騒がれているけれど、実態は「CO2削減ビジネス」の言い訳と化しています。

明日からは桜満開の休日になりそうですので、素朴にきれいを味わってすごしたいと思います。


「ITとインターネットですべての流通が変わった」と感じています。
ビジネスはもちろん、こころや感情、そしてコミュニティから「暗黙知」が消滅してきました。
「好い加減」は「出鱈目」の烙印を押されてしまいました。
「愛」も「欲」も本来「好い加減」を保ってきましたが、
「個人情報」とか「セクハラ」とか「パワハラ」とか・・・呑気な平和国家が多民族新興国家アメリカの真似を強いられて混乱混迷の坩堝にいます。
国際会計基準、ISO、ハセップ・・・なんでこんなにめんどくさいことに巻き込まれるのか?
世界支配の手法としての「共通ルール」を使っているからでしょう。

大きな自然の巡り、運行、姿とともに、文化、文芸、音楽、芸術の古典がわれわれに癒しや救いを感じさせてくれるのは、政治・経済・軍事権力の支配から外れているからだと感じます。深い癒しをくれます。感謝!






2010/3
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月